• Change your mindset. Change your life. 楽に生きるために(英日 2か国語サイト)

(34)Moderate Eating More Sleep①(Eating) 適量の食とより多くの睡眠を①(減食編)

One of my mentors said to me one day, “If you want to stay fit, you should eat moderately and sleep more.”

It was quite the opposite of what I had done before in my life. I had tried to eat substantial meals three times(or more often) a day and had engaged in reading or studying till late at night. I was a big eater and a night owl.

I heard that the habit of eating three times a day started about a century ago. Now, a lot of information from the media or daily life is stimulating our appetite. Of course, eating keeps us in good shape, gives us satisfaction, and enriches our life. Nevertheless, eating more than necessary would do harm to our bodies, which might cause physical sickness, even mental disorders.

I will talk about a noted physiognomist in Japan. He was born in 1757 and lived to be 78 years old. His name was Nanboku Mizuno. He himself experienced changes in his looks and his future for the better, by reducing the amount of what he ate. He was an expert in telling what would happen to a person in the future and so many people from very far away visited him for advice. What he asked first of a client was how much the client ate. He said, “Everything concerning one person, such as whether one will stay fit or not, whether one will be successful or not, or whether one will lead a happy life or not, depends on one thing, which is whether one will refrain from eating a lot or not.” That means “What one eats predicts one’s future.”

The mentor I mentioned at the beginning of this article likes practicing ‘fasting.’ She said, “Feeling a little bit hungry is a very good physical state.” Since I myself began to practice ‘Moderate Eating,’ I became healthier and more energetic.

私のメンターの先生がある日教えてくれました。「健康になりたかったら、食べる量を適切なものにし(少し減らし)、今よりよく寝ることです」

それは私がやっていることとは逆でした。それまで一日3回おなかいっぱい食べて、夜遅くまで読書をしたり、勉強したりしていました。大食漢であり、夜更かし人間だったのです。

実は一日3食の食習慣はこの約100年の習慣だとのことです。メディアや日常生活からは私たちの食欲を刺激するような情報が溢れています。もちろん「食」によって私たちは健康を保ち、満足感を得、生活を豊かにすることができます。しかし必要以上に食べ過ぎると、体に負担がかかり、肉体的な病になったり、精神的にも不調に陥ったりします。

ここで日本の有名な観相家(1757年生まれ78歳で没)をご紹介したいと思います。その人の名前を水野南北といいます。彼は食を慎むことで自らの相を変え、運命を変えました。彼は人の運命を見るのに優れとても遠くの地から多くの人が尋ねてきていました。その人たちにまず水野がかけた問いが「どのくらいの量の食事を摂っていますか」でした。彼は言いました。「一人の人のあらゆること、例えば、健康かどうか、成功するかどうか、幸せな生活を送るかどうかはただ一つのことにかかっている。それは食を慎むかどうかである」それはすなわち「運命の元は食にある」ということでした。

冒頭で述べたメンターの先生の一人は「ファスティング(断食)」をよくされます。その先生によると「少し空腹なくらいが人間の健康にはいいのです」とのことです。私も「減食」を始めてからとても健康になり、よりエネルギーに溢れてきていると感じます。

  my favorite castle

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA